カンガルーケア

当院では、ご希望の方にカンガルーケアを実施しています。
母と子の絆を強め、赤ちゃんの健やかな発育を促します。

カンガルーケアとは?

1979年、南米コロンビアのボゴタで、保育器不足を補う未熟児の代替医療として始まりました。
カンガルーケアの抱っこは、赤ちゃんとお母さんの肌が直接触れ合うよう、お母さんの胸の間に赤ちゃんを包み込むように抱っこします。その姿がカンガルーを連想させるところから、カンガルーケアと言われています。


カンガルーケアの効果

  • 体温を保つ効果
    お母さんの体温で赤ちゃんを保温することができます。
  • 無呼吸の減少
    お母さんが呼吸すると赤ちゃんが刺激されるために、無呼吸が減少します。
  • 呼吸が規則的になり安定
    少し立て抱きにした姿勢(カンガルーポジション)は、酸素を効率よく体に取り入れることができます。
  • 免疫力向上と感染予防
    もともと健康な人肌には、常在菌が付いていて、お母さんの常在菌を赤ちゃんに与えることで、他の悪い細菌の感染を予防できます。
  • 母子の絆の強化
    赤ちゃんとお母さんの愛着形成や、気持ちの安定に有効です。

カンガルーケアの実施時期

赤ちゃんとお母さんの状態が安定している場合、 出産後2時間、分娩室で行います。

※ 赤ちゃんが仮死など状態の悪い場合や、お母さんの疲労や出血が多い場合などには、実施できない場合があります。

※ 出産が続いて分娩室で過ごせない場合、赤ちゃんの落下・低体温・呼吸異常などの早期発見と防止のために、きちんとしたカンガルーケアが実施できない場合があります。


ケア予約方法・ケア費用

予約は必要ありません。費用もかかりません。
詳しくは、当院までお問い合わせください。
 


診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)