スタッフブログ

2018年9月の記事一覧

「初孫」

2018年09月29日

猛暑が続いた夏も過ぎ、朝夕しのぎやすくなってきました。
この夏、我が家では嬉しい出来事がありました。
  初孫が生まれたことです。
  sana.jpg
 
27年前、私はひさまつ産婦人科医院で娘を出産しました。
そして今度はその娘が、先月8月6日に元気な女の子を取り上げていただきました。
親子二代にわたり久松院長先生が取り上げてくださったことに、娘共々感謝の気持ちと大きな喜びを感じております。

  omiyamairi.jpg

両家にとって「初孫」になります。
周りの方々に見守られ生まれてきたこの子も1か月健診を終え、先日両家揃って無事お宮参りを済ませました。
食事会の席では、孫の顔を見ながら双方とも「我が子の時はあーだった、こうだった。」と語り合いながら楽しいひと時を過ごすことができました。
これも孫のお陰でしょうか。
まだこんなに小さいこの子が、両家を幸せの絆でつなぐ大切な役目をしてくれているように思います。
人を慈しみ、誰からも愛される心優しい女の子に育ってくれるよう願っています。

   看護師 飯束

お月見

2018年09月21日

秋の真ん中にあたる旧暦の8月15日の夜が「十五夜」で今年は9月24日です。
「十五夜」の次に美しい月が出るといわれる旧暦の9月13日の夜を「十三夜」といい、今年は10月21日にあたります。
「十五夜」「十三夜」は秋の収穫に感謝する意味もあります。
里芋やさつま芋、栗に枝豆がたくさん収穫されることを祝って
「十五夜」は別名「芋名月」、「十三夜」は「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。
      9月ブログ用.jpg

当院でも入院患者様のお食事に、秋のお野菜やきのこ類・果物をたくさん取り入れお月見を楽しんでいただきます。
「十五夜」のお月見ができるように晴れるといいですね。confident

     栄養士 一ノ瀬

 

備えていますか?

2018年09月15日

日本各地で台風や地震などの災害が続き
広島でも豪雨災害の爪痕が残っています。
   yosida1.jpg
なんとなく他人事に思っていた災害が、
いつ自分の身に降りかかるか不安を感じる日々
ですが、皆さんは備えていますか?
 私も、自分の備えはまだまだ不足しているので、
時々、避難する時のリュックや、ライフラインが
止まった時に必要なものを、買い足しています。
   yosida2.jpg
 物だけでなく、避難時の行動や避難場所の確認など、
いろいろな事を想定して、シュミレーションする
必要がありますね。
   yosida3.jpg
 災害がないこと祈るばかりですが、当医院でも
勉強会をして「備える」を、スタッフ個々が意識
出来るようにしています。
 みなさんも、それぞれが備えましょう!!
 
             助産師 吉田

おわり、はじまり

2018年09月07日

皆さんこんにちは。
9月に入りましたが、まだまだ残暑の厳しい日が続きますね。

  IMG_2554.jpg

今年の夏は暑かったですね。
個人的には息子の友達が甲子園で活躍し、その応援に燃えた夏でした。
長男は高校野球、次男は中学野球が終わり
私の野球追っかけも一段落して、蝉の抜け殻状態になっております。
 おっぱいを飲んでいた頃、早く大きくなってくれないかなと思っていましたが
今思えば、あっという間に成長して親離れしていくんだなと感じる今日この頃です。

親は寂しさを感じていても、息子達は次の目標に向かって動き出しています。
私も次の目標を見つけて楽しい更年期が過ごせるように
仕事に趣味に頑張っていこうと思いますhappy01

      助産師 家久

お話して

2018年09月01日

またまた孫のお話で恐縮です。
生後2ヶ月が過ぎ、起きている時間も多くなってまいりました。
表情も豊かになり、まるで花が咲くようにニッコリしたり
ご機嫌に手足をバタつかせ、お顔は笑顔なのに大粒の涙をポロリとこぼしたり…
この小っちゃな胸にも豊かな感情が育ちつつあるのかと心動かされる日々です。
 
  1535788917290.jpg 
最近声を出しておしゃべりします。
もちろん言葉ではありませんが、「あー」とか「おー」
口をとがらせて「うー」とか…かわいいです。
わたしはよく桃太郎のお話をいつも同じ調子で語ります。
― むかしむかし あるところに じいじとばあばがいました ―
「あー」
― じいじはやまにきをきりに ばあばはかわでせんたくしていました ―
「お―うぇー」
― するとねぇ かわのむこうのほうから おっきなおっきなももがねぇ ―
「おーうー おー」
どんぶらこ どんぶらこ のくだりでは抱いた腕を波ののように動かしながら。
私の言葉のリズムに合わせるように自分もお話しているつもりなのか、一生懸命口元を動かして…
見ていて思わず笑みがこぼれます。

さてさて、この物語は終わりません。
桃がパカっと割れて、中から元気な男の子が飛び出すところからもう一度始めに返ります。
可愛いからもう一回 嬉しいからもう一回 もう一回
腕が疲れるまで…ばばバカですね。

 受付 三好




診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)