スタッフブログ

2019年4月の記事一覧

わが家の庭から

2019年04月20日

4月も後半になり、すっかり暖かくなりました。
いろいろな所で季節の移り変わりを感じます。

  IMG_1375.JPG
  
わが家では、蝋梅やヤマモミジから新芽がでて
瑞々しい緑をみせてくれています。
花桃は満開を過ぎ、葉を所々のぞかせています。
裏の山からはタケノコが切っても切っても出てくるので
退治するのに大忙しです。

ただオリーブの木が、冬の間に弱ってしまいました。
暖かくなり、植え替えしたりしてまた元気になるように
お世話をしているところです。
 
  IMG_1370.JPG
こうやって季節によって変化を見せてくれたり
元気がなくなったりと
木々は何も話したり動いたりしないけれど
しっかり生きているのだなぁと感じます。
  木も同じたいせつな命
丁寧にお世話しようと改めて感じました。

       助産師 梅田


4月に思うこと

2019年04月13日

いつもの年より長く楽しめた桜も ようやく散り始めの頃となりました。
今朝、ピンクの花びらが舞う中をランドセル姿のかわいい一年生が楽しそうに登校するのを見かけ
ふっと笑顔で見送ってしまいました。
きらきら輝く、大好きな4月の光景です。

  1555126447223.jpg  1555126458476.jpg

ここ ひさまつ産婦人科では季節を問わず、新しい命の誕生を迎えた産婦さんがお母さん一年生として
育児をスタートされています。
赤ちゃんへの授乳や沐浴など 初めてのことばかり…。
 ― 不安な時はいつでもスタッフに声をかけてくださいね ―
また、授乳室で一緒になるお母さんたちとお話することで、気持ちが軽くなるかもしれません。
5日間ほどの入院ですが、身体の調子をみながら楽しく育児をスタートさせてください。

     DSC_0025.jpg
不思議なことですが、お母さんたちの楽しそうな笑い声が聞こえるときは
ベビー室の赤ちゃんは すやすやと安心して眠っているんですよ。
平成最後の月。
4月の輝く季節に 幸せがたくさん訪れますように

  外来看護師 森本

心新たに

2019年04月05日

ひさまつ産婦人科医院がここ廿日市の地に開院したのは
昭和から平成へと元号が改元された年
平成元年の4月4日でした。

   みやじま.jpg
あれから31年。
今では、ひさまつで生まれた赤ちゃんがお母さんになるために
戻って来てくれることも。
繋がる命に私たちも感謝と感動の日々です。

そして今年、御代が新しい世代へと引き継がれ
年号も「平成」から「令和」へと変わります。
令和生まれの赤ちゃんも もうすぐです。
― みんなしあわせに ―
元号に込められた「梅の花のように 明日への希望を咲かせる国でありますように」の思いは私たちみんなの願いです。

ところで、話題の「令和」の出典が万葉集と聞いて改めて開いてみると、ありました。
「初春の令月にして 氣淑く
    梅は鏡前の粉を披く 蘭は…」
なんと雅な一文でしょう。
1300年も前にこんなに美しい言葉で情景を表す文化が日本にあったんですね。
せっかくだから読んでみることにしましょう。
学生時代、必読書であったにもかかわらず斜めにすら読まなかったことを反省しながら

 受付 三好


診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)