旅してまいりました

2019年05月18日

新緑の美しい季節になりましたので
お休みの日に一日だけで旅行をしてまいりました。
出発したのは夜も明けやらぬ午前3:45.
そして目指すは、まだ行ったことがない阿波の国徳島は鳴門海峡。
急ぐ車には道を譲り、途中でゆっくり休憩をとり
「大丈夫です。私たち、急いでませんから」の旅です。
深い霧に包まれながら瀬戸にかかる美しい橋を渡り
一路四国へ。
鼻水が出そうな肌寒さに讃岐うどんで温まりながら
到着したのは午前9時少し前でした。
計画ではここで遊覧船に乗って渦潮体験です。
と言っても実は、わたしは船にとても弱いのです。
「ここで待ってようかな」
「なんで?せっかく来たのに。大きいのに乗れば大丈夫!」
  uzushio1.jpg
意を決して乗った船は…渦に揉まれてやっぱり揺れましたが
大きく盛り上がる海面や沈み込むように逆巻く渦潮に目を奪われ
しばし忘れていました。
そして興奮気味に放った言葉が
「すごいね。自然の洗濯機だね!」
  uzushio2.jpg
この壮大な自然の営みに…なんと生活感丸出しの表現でしょう。
周りの乗客にも聞こえたでしょうか。
言った自分が恥ずかしくなりました。
とはいえ、旅の恥はかきすてとばかりに渦潮に放り込むと
おみやげに「鳴門のわかめ」を買ってゆっくり帰路につきました。

  受付 三好