スタッフブログ

2020年2月の記事一覧

お知らせです。

2020年02月29日

春めいてまいりました。
とは言え、日中の暖かさに薄着でいても夜には震えるほど寒くなったり…
なかなか体調管理が難しい季節です。
油断せず、身体を温めるものを一枚準備した方がいいですね。

今COVID-19が世界規模で猛威をふるい、日本でも日毎に感染者が増えている状況です。
停滞し始めた経済活動や社会生活に、経験したことのない不安を感じているのは
私だけではないでしょう。
そんな中、当院は昨日より面会制限に踏み切りました。
全国的にマスクの供給も追いつかない今の状況下でお母様と赤ちゃんを感染リスクから守るための
苦渋の決断とご理解ください。

いつまで?
今のところはっきりとした見通しは立っておりませんが、事態が早期に収束し
  ― 新しい命を迎え、ご家族みなさん笑顔で喜びを分かち合う ―
そんな病棟待合ホールのいつもの光景が一日も早く戻ってくることを心から願ってやみません。

  baby5.jpg

  受付 三好

「雨水」

2020年02月22日

節分が終わり、もうじき雛祭りですね。
先日、県内各地ではこの冬一番の冷え込みとなり、広島では最も遅い「初冠雪」が
観測されました。
その翌日は二十四節気の「雨水」。
「雨水」とは、降る雪が雨へと変わり氷が解けて水になるという意味ですが
広島の「初冠雪」は翌日にはすっかり解けてしまいました。
水が豊かになる「雨水」に、ひな人形を飾り始めると良縁に恵まれると言われているので
私も曾祖母の時代から受け継いでいるお雛様を飾りました。
ふくふくとしたそのお姿に、幸せな気持ちになりました。

  IMG_7423.JPG

ご近所では黄梅や寒桜、早咲きの桜と冬の景色にだんだん色が増え
春はもうそこまで来ているようです。

  IMG_7419.jpg  栄養士 一ノ瀬


アボカド

2020年02月15日

20200213_170718.jpg

我が家のベランダで育つアボカドです。
種から育ててもう10年以上経ちますが、ずいぶん大きくなりました。
ほんとうはもっと大きくなったのですが、天井を越えそうになって切ったり
雪が降って枯れてしまったり。
でもまた横から芽が出てきてそれが大きくなって、元気に育っています。
まだ花が咲いたり実がなったりはないのですが
観葉植物としては充分以上に楽しんでいます。

もしかしたら
いつか咲くかも知れないし…

   厨房 濵野

豆まき(魔滅まき)

2020年02月08日

先日広島にも遅い初雪が降りました。暦の上では春なのに…
みなさん、節分の日はどう過ごされましたか?
私はおさない頃、祖父と一緒に部屋中に豆をまいた楽しい思い出があります。

ところで「節分」に何故「豆まき」なのでしょう。不思議ですね。
そもそも節分とは「季節の分かれ目」のことを意味します。
旧暦では、春から新しい年の始まりで立春の前の節分は大晦日にあたる大事な日に当たります。
昔は季節の分かれ目は邪気が入りやすいと考えられており、さまざまな邪気払いが行われていました。
豆まきもその一つです。

 DSC_0151.JPG 

何故「豆まき」なのでしょうか。
平安時代の宮中行事のひとつ「豆打ち」の名残が、江戸時代に「豆まき」として庶民に広がったのです。
鬼を追い払う豆は、五穀の中でも穀霊が宿るといわれる大豆です。
豆が「魔滅」、豆を煎ることで「魔の目を射る」ことに通じるため煎った豆を使います。
これを「福豆」と言うそうです。
「鬼は外」「福は内」と言いますが、地域によっては「鬼は内」とも言うそうです。

節分にもいろいろ深い意味があるのですね。
今回は「Yahoo JAPAN 暮らしの歳時記」を参考にさせていただきました。

    看護師 飯束