院長コラム

2006年2月の記事一覧

夫立会い分娩における夫の役割

2006年02月22日

平成18年2月22日、広島FM放送(HFM) オーバー・ザ・レインボーにて放送しました。


夫立会い分娩における夫の役割  

立会い分娩は、分娩という妊娠のクライマックスを夫婦で共有でき、妊婦にとっては夫の励ましによって分娩時の不安感・陣痛の痛みが和らぐ。
夫は誕生の瞬間に立ち会うことで自分の子供としての実感をもつ。家族の絆が強くなりその後の家族の生活に良い影響を与える。


夫の役割

  • 積極的な姿勢が必要
  • 妊娠、分娩に関し生理的知識をもって立ち会うこと(両親学級に出席)
  • 分娩室で無言でなく常に夫婦共に分娩をしているのだという意識をもつ
  • 分娩時だけが立会いでなく陣痛の起こっているときからサポートすること

立会いの利点・欠点

《利点》

  1. 産婦の精神的安定が得られる
  2. 産科スタッフの分娩室での行動・努力を夫に理解してもらえる
  3. 異常時その場で夫に発生過程を確認し、納得してもらえる
  4. 夫婦の絆が強まる
  5. 生命誕生の感動を共有できる
  6. 夫が父親になることを自覚し、育児へスムースに移行できる

《欠点》

  1. 産婦が夫に甘え精神的に不安定になる
  2. 産科スタッフの邪魔になることがある
  3. 異常事態発生時、夫がうろたえる
  4. 妻の出産姿勢や分娩時の夫の言動がその後の夫婦関係に影響する
  5. 分娩室の汚染
  6. 夫立会い分娩を夫が単に興味本位にとらえられることがある

 

夫の子供へのかかわり(立会い分娩をした夫)

  1. 子供との遊びや世話をすることが多い
  2. 子供と身体的接触や運動遊びも多い
  3. 育児の疲労感をもっても、子供に否定的感情として向けることが少ない
  4. 母親と親密でコミュニケーションも良い

結論

分娩に関して十分な知識をもって、決して興味本位でなくあくまで妊婦のサポーターの意識を持って、分娩室の全ての人と一体に成って妊婦を励ましてほしい
第三者の感覚、無口な夫、お産を知らないで立会いはして欲しくない

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)