院長コラム

2007年4月の記事一覧

夫立会い分娩における夫の役割

2007年04月26日

平成19年4月26日(木)放送原稿

立会い分娩は、分娩という妊娠のクライマックスを夫婦で共有でき妊婦にとっては夫の励ましで分娩時の不安感・陣痛の痛みを和らげる。そして、夫は誕生の 瞬間に立ち会うことで自分の子供としての実感を持ち、家族の絆が強くなりその後の家族の生活に良い影響を与える。と言われ、欧米では当然のこととして行わ れている。
日本では、1985年ころから普及し始め現在では半数近くの夫(約44%)が立ち会っている。しかし、流行だからという感覚での立会いはやめてほしい。


夫の役割

  •  積極的な姿勢が必要。立ち見ではないこと。(ex.ビデオ片手で見ているだけ)
  • 妊娠、分娩に関し生理的知識をもって立ち会うこと(両親学級に出席)
  •  分娩室で無言でなく常に夫婦共に分娩をしているのだという意識をもつ
  • 分娩時だけが立会いでなく陣痛の起こっているときからサポートすること

立会いの利点・欠点

《利点》

  1. 産婦の精神的安定が得られる
  2. 産科スタッフの分娩室での行動・努力を夫に理解してもらえる
  3. 異常時その場で夫に発生過程を確認し、納得してもらえる
  4. 夫婦の絆が強まる
  5. 生命誕生の感動を共有できる
  6. 夫が父親になることを自覚し、育児へスムースに移行できる

《欠点》

  1. 産婦が夫に甘え精神的に不安定になる
  2. 産科スタッフの邪魔になることがある
  3. 異常事態発生時、夫がうろたえる
  4. 妻の出産姿勢や分娩時の夫の言動がその後の夫婦関係に影響する
  5. 分娩室の汚染
  6. 夫立会い分娩を夫が単に興味本位にとらえられることがある

 

夫の子供へのかかわり(立会い分娩をした夫)

  1. 子供との遊びや世話をすることが多い
  2. 子供と身体的接触や運動遊びも多い
  3. 育児の疲労感をもっても、子供に否定的感情として向けることが少ない
  4. 母親と親密でコミュニケーションも良い

 

結論

分娩に関して十分な知識をもって、決して興味本位でなくあくまで妊婦のサポーターの意識を持って、分娩室の全ての人と一体に成って妊婦を励ましてほしい
第三者の感覚、無口な夫、お産を知らないで立会いはして欲しくない。
立会いの夫に注意:分娩室で担当のスタッフに挨拶ぐらいはしてほしい。

妊婦さんのゴールデンウィークの過ごし方

2007年04月16日

間もなくゴールデンウィーク。
家族でいろいろ出かけたいところですが、妊婦さんは慎重にしていただかねばなりません。
そんな妊婦さんのゴールデンウィークの過ごし方における注意点をまとめました。


基本的には、流産・早産・妊娠高血圧症(妊娠中毒症)にならないように注意することが大切です。
家族の人は、自由に動けるため妊婦さんのことを忘れがちです。

この連休に最も注意することは

  • 旅行
  • 動きすぎ
  • 食事(食べすぎ)

この3点ではないかと思います。
 

旅行について

どこで何が起こるかわからないので、妊娠4ヵ月以降で妊娠8ヵ月までとし、荷物は少なくし、できれば近場で無理な日程は避けましょう。
出かけるときは、必ず母子手帳・保険証を持参してください。
車の場合には片道1?2時間程度の距離がベストで、途中休憩も挟みましょう。
できれば、1ヶ所に滞在しあまり歩き回らないほうがいい。
《温泉について》

  • “妊婦さんはお断り”の場所もあるので事前に調査すること。
  • 妊娠中期?後期までなら大丈夫だが、42°C位の湯に10分位の入浴とし、
  • 長湯はさけ1日2回程度とする。
  • 鉱物を含むお湯は、肌を刺激するのでさけたほうがいい。また、放射能を含む(ラジウム)温泉にも注意。
     

動きすぎ

食べ過ぎて体重増加になりやすく、動いて体重を減らそうと思わないように、流産・早産の原因となります。
ゆっくりの散歩程度で長時間は歩かないように。
 

食事

1日の摂取カロリーを考えよう。

普通の体形の妊婦さん

  • 妊娠前期:1900?2000kcal
  • 妊娠後期:2000?2200kcal

太り気味の妊婦さん

  • 妊娠前期:1600?1800kcal
  • 妊娠後期:1800?1900kcal

が理想です。

1日3食とってバランスよく食べ過ぎないようにしましょう。
お菓子・果物は1日の摂取カロリーを考えて食べましょう。

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)