院長コラム

2009年5月の記事一覧

基礎体温について

2009年05月28日

平成21年5月28日(木)放送

基礎体温とは、人間が眠っていて身体を動かしていない状態の体温。つまり、人間が生命を維持するために最低限のエネルギーを燃焼させているときの体温。
=眠っていて身体を動かしていない状態の体温。(目が覚めて身体を動かす前の横になっているときの体温。)
 

計測方法

  1. 婦人体温計を使用し体温表に記載。 (0.3?0.5度の微妙な差を把握)
  2. 目が覚めた直後に動く前に計測。 (覚醒と共に体温上昇)
  3. 4時間以上の睡眠後に計測。 (4時間未満では体温低下が不十分)
  4. 口腔内(舌下)で計測。  (身体の内部に近い体温)
  5. ある程度の期間継続して計測。 (3周期位)

 

体温計の種類

  電子体温計 水銀計
価格 1,500円?20,000円 1,000円
測定時間 1?3分 5分
精度 推定値で表示
データー化
細かい体温値
ガラス素材で目盛りを自分で読む

基礎体温のパターン

  1. 卵胞期:月経直後から約12?15日。  低温期
  2. 排卵期:低温期の最後の体温が一時的に下がって上がったとき。
  3. 黄体期:体温が排卵後より約2週間上昇。黄体ホルモンの影響。 高温期
  4. 月経期:体温が下降し月経開始。  上昇したままでは妊娠

何がわかる?

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で変化する。以下の事が判る。

  1. 月経の時期
  2. 体調の変化
  3. 排卵時期
  4. ホルモンの異常 
  5. 妊娠しやすい時期
  6. 妊娠しにくい時期
  7. 妊娠していないか 
  8. ダイエット時期

体温曲線

  1. 正常:高温期が12?14日、高温期と低温期の差0.3?0.5℃、低温から高温期へ1?2日以内に移行
  2. 高温期の上昇がゆるい:低温から高温まで数日、高温期が9日以上あれば安心
  3. 一定の高温期が続かない:M字カーブで体温の変化が激しい、排卵はあるが、黄体機能不全(流産しやすい)
  4. 高温期が短い:低温期が長い、排卵はある場合もない場合もあり妊娠しにくい
  5. 高温期がない:体温の変化が0.3℃以下、排卵がない。無排卵月経で妊娠できない

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)