院長コラム

2009年7月の記事一覧

妊婦さんの夏場の過ごし方

2009年07月30日

平成21年7月30日(木)放送

暑い夏がやってきました。妊婦さんにとっては特に暑さを感じる季節です。夏を快適に乗り越えるには、
 

夏の暑さ対策

妊娠中は非妊時より0.3?0.5℃上昇するため特に暑く感じます。
室内では、:

  1. クーラーはタイマーを使用し掛けすぎない。
  2. 扇風機・除湿機の使用
  3. 遮光カーテン使用
  4. 通気性のいい服装(麻・綿素材)着用
  5. 涼しい場所を選ぶ

屋外では、:

  1. 外出は朝か夕方の涼しくなった時に
  2. 冷房の効いた所では冷えに注意
  3. 日傘を差す 
  4. 締め付けのきつい服装は避ける
     

小見出しをここに記載します。

【冷房などによる冷えの対策】
室内では、:

  1. 冷房に直接あたらない  
  2. 靴下、ストッキング着用        
  3. 冷たい物を摂取しない      
  4. 腹帯の着用

勤務先、外出先では、:

  1. スカーフ、カーデガンを持参 
  2. 暖かい食物を摂取
  3. 汗を頻回に拭く
     

発汗対策

妊娠で発汗しやすくなり不快を感じると共に臭いも気になります。

  1. 着替えをするか持ち歩く     
  2. 汗用シートの使用
  3. 臭いに対してデオドラントの使用 
  4. 家にいればシャワーを浴びる
     

食欲・夏バテ対策

暑さによる体力の消耗と食欲減少により栄養不足が起こる。

  1. 冷たい物だけでなく温野菜など暖かい物を食べる 
  2. 食中毒に注意
  3. 水分は出来るだけ一日1リットル程度に控え冷蔵庫の氷で水分を代用する
  4. 食欲が無くても一日3食摂取し季節の物を取り入れる
     

買い物、外出によるUV対策

妊娠中は紫外線により色素沈着が起こりシミに。

  1. 日焼け止めを塗って外出
  2. 長袖、スカーフ、日傘、帽子を着用し外出する     
  3. 外出は出来れば散歩程度にする
  4. 海水浴、プールは控え、行っても入水しない
     

帰省、旅行

  1. 帰省、旅行の計画があっても、その時期の状態で流早産になることも
  2. 無理な計画を立てない
  3. 遠距離の移動には公共交通機関を利用
  4. 車の移動は1時間走行後10分の休憩を取る(同じ姿勢は妊婦に大変)
  5. 最終的には医師の許可を取って計画を決定する
     

日常生活の注意

暑くてついクーラーに頼り、夜は不眠になりがちです。
日中は:クーラーで室温26?27度にし、直接当たらないようにする。又は、扇風機を使用。
睡眠:就寝1?2時間前入浴し、寝室は1時間前より冷やしておく。アイスノンで頚の下を冷やして就寝。

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)