院長コラム

2009年9月の記事一覧

思春期の女性に起こりやすい病気

2009年09月24日

平成21年9月24日放送

思春期とは、第2次性徴の始まる8,9才から18才までの小児期から成人に変化していく期間を言い、身体の変化として

  1. 脂肪の蓄積
  2. 乳房の発達
  3. 陰毛の発生

などが認められる。
この時期は卵巣の働きが未熟なため、月経異常が多く、また感染症の頻度も高い。
 

1. 月経異常

  1. 無月経
    原発性無月経・・18才を過ぎても月経が起こらないもの
    続発性無月経・・月経が3ヵ月以上停止したもの(ダイエット、スポーツなど)
  2. 月経前緊張症(PMS)・・月経の始まる1?2週間前に出現乳房の張り、吐き気、頭痛、浮腫など)
  3. 月経困難症・・原発性と続発性に分けられ、多くは原発性で初経後2?3年たち、排卵周期が見られるようになって起こる。続発性の中には子宮内膜症、クラミジア感染などによる骨盤内炎症などがある。                     
  4. 月経不順:頻発月経・・初経があってから月経が不順な事が多く、月経周期は正常では25?38日が、24日以内に起こり、貧血となる。
     

2. 思春期出血

  • 月経が通常通り始まるが、少量で長く続く。
  • 月経終了後数日してから出血する。
     

3. 性感染症(STD)

最近の中、高生の性交経験率の上昇によって感染率が高くなっている。

  • 性器クラミジア・・増加傾向、不妊症になる可能性があり。
  • 性器ヘルペス・・分娩時、児に感染し死に至ることもある。
  • 尖圭コンジローマ・・陰部にイボができる。
     

4. 貧血

朝食を抜くことによって、鉄欠乏性貧血になりやすい。
 

5. 思春期うつ

欧米では2?8%,我が国では5%位と言われ成人の頻度と変わらない。小学校6年生頃より出現し、憂鬱で何をしても楽しくないなどの症状に注意。
 

6. 子宮頸ガン

  • 初交の若年化によって、HPV(人パピローマウイルス)が感染して発症。70%は免疫力によって治癒するが、10年ぐらいしてガンになることがある。
  • 従来に比べ若年(特に20代)にガンが発症するようになり、初交があればガン健診の必要がある。
  • 欧米では小学生から予防的にHPVワクチンを投与され始めている。
  • 日本では今年1年20,25,30,35,40才の女性に子宮ガン健診のクーポン券を配布し、ガン健診の啓蒙運動を行っているが、欧米のようにワクチンの投与はまだ治験が終了した段階で、今後実施される予定ですが時期は未定です。

 
最後に性交経験率が高校生男子で37.3%,女子で45.6%と低年齢化しており、子宮頚ガン、性感染症予防の充分な啓蒙が必要と思います。

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)