院長コラム

2009年10月の記事一覧

成熟期の女性に起こりやすい病気

2009年10月29日

平成21年10月29日(木)


成熟期とは19?40才の女性で、この時期は卵巣ホルモンの分泌が順調になり、月経周期も安定し心身共に安定し、結婚・妊娠・出産・育児と女性にとって最も充実した時期となります。
 

不妊症

夫婦が妊娠を希望し2年以上夫婦生活をしているにもかかわらず妊娠しない。
正常では1年で80%, 2年で90%妊娠。原因は男性因子、女性因子双方がある。
 

子宮筋腫

子宮筋層に発生する良性腫瘍。エストロゲン依存性腫瘍。生殖年齢(35?40歳代)の20?25%に発生する。
【症状】
過多月経、貧血、不正性器出血、月経困難症、膀胱・直腸の圧迫、不妊
【種類】
粘膜下筋腫(5?10%)筋層内筋腫(70%)漿膜下筋腫(10?20%)
【診断】
超音波検査、MRI、CT
【治療】

  1. 経過観察(6ヵ月毎)
  2. 薬物療法
  3. 手術:筋腫核出術(腹式、腹腔鏡)子宮全摘術(腹式、膣式、腹腔鏡)
  4. FUS(超音波熱凝固)
  5. UAE(子宮動脈塞栓術)

 

子宮内膜症

子宮内膜様組織が子宮内以外に発生。不妊症の原因になりやすい。
【症状】
月経痛、下腹部痛、性交痛、排便痛、不妊
【種類】

  1. 内性:子宮腺筋症
  2. 外性:卵巣チョコレート嚢腫、腹膜(骨盤腹膜)

【診断】
超音波検査、MRI、CT、腫瘍マーカー
【治療】

  1. 偽閉経療法
  2. 偽妊娠療法
  3. 保存手術(腹腔鏡、開腹)
  4. 根治手術(腹腔鏡、開腹)

 

子宮頸ガン

子宮頚部に発生する悪性腫瘍。ヒトパピローマウイルスとの関連。従来は、30?40歳代が好発年齢であったが最近は20歳代に増加傾向。
【症状】
初期は無症状。セックスによる接触出血など不正出血。
【診断】

  1. 細胞診
  2. 組織診
  3. MRI(病変の広がりを診断)

【治療】

  1. 手術療法:円錐切除、単純子宮全摘術、広汎性子宮全摘術
  2. 放射線療法:外照射、腔内照射
  3. 化学療法

 

卵巣ガン

各年齢に発生。大変発見しにくいガン。
【症状】
無症状が多い。腹部膨満感、下腹部腫瘤感、圧迫症状、
【診断】
超音波検査、MRI、CT
【治療】

  1. 手術療法
  2. 化学療法

 

不正出血

月経以外におこる出血
【種類】
機能性出血:ホルモンのバランスの乱れによって起こる。
器質性出血:病気によって起こる。Ex,子宮ガン、子宮筋腫、子宮頚管ポリープ、膣部びらん、など。
【治療】
止血剤、ホルモン治療  
 


成熟期の女性の症状の主なものと、その病気について自分で判断できる様に解説。
 

帯下

自覚症状でおりものの性状によって判断。

  • 痒みを伴う:白色、酒粕様・・カンジダ膣炎。黄色、泡沫状・・トリコモナス膣炎。
  • 痒みが無く臭いがあり膿様:クラミジア頚管炎。非特異性膣炎。淋菌性膣炎。子宮内膜炎。
  • 血性:子宮膣部びらん。子宮がん。
     

外陰部痒み

全身性疾患と局所疾患がある

  • 全身性疾患:糖尿病。外陰ガン。ストレス。薬疹。
  • 局所疾患:膣炎(カンジダ・トリコモナス)。外陰炎。

アレルギー性・・接触性膣炎。下着・洗剤による。
 

月経異常

  • 正常月経・・25?38日周期、6日以内の変動
  • 周期の異常・・頻発月経:24日以内の周期、希発月経:39日?3ヵ月周期、不整周期:変動幅が7日以上
  • 原発性無月経・・18才で初経を見ない。
  • 続発性無月経・・月経が3ヵ月以上停止したもの。
  • 月経血量の異常
    過多月経:子宮筋腫(粘膜下筋腫)子宮内膜増殖症。子宮腺筋症。子宮内膜ポリープ。内膜ガン。
    過少月経:機能性 無排卵。卵巣機能不全。器質性 子宮内膜炎など

不正性器出血

月経に関係なく出血。

  • 妊娠による:流・早産。子宮外妊娠。
  • 機能性出血:原因となる病気がなく卵巣の機能が悪くて出血。
  • 器質性出血:子宮から・・子宮内膜ポリープ。子宮内膜症。子宮筋腫。子宮ガン。
    子宮外・・子宮頚部・膣部:子宮膣部びらん。頚管炎。頚管ポリープ
  • 膣:外傷。膣炎。

下腹部痛

月経、食事、排便、性交などと関係があるかどうか?

  • 妊娠:流・早産。子宮外妊娠。
  • 痛みの部位:子宮・・子宮内膜炎。子宮留膿腫。子宮内膜症。子宮筋腫。
    卵巣・卵管・・付属器炎。卵巣嚢腫茎捻転。
    その他・・虫垂炎。尿管結石。

腰痛

月経との関連がある場合が多い

  • 月経時:機能性月経困難症(病気の無いもの)。子宮内膜症。子宮筋腫。
  • 月経以外:骨粗鬆症。泌尿器疾患。整形外科疾患。


以上主なものを列挙。

西広島のドクター「志」の原点vol.39 「17歳の私」 西広島タイムス 

2009年10月28日

医療法人準和会
ひさまつ産婦人科医院院長 久松 和寛さん(62)

夢半ばの父の思いを引き継ぎ

 「医者になれよ」。
台湾人の父は常日ごろ、息子に言い続けた。
父は食べていくため、
中学校には進学せず医者だった親戚に奉公へ行った。
戦争に突入。
父は3000人に1人という難関を突破し、
海軍の士官候補生に。
衛生兵になり呉の海軍病院で勤務中に終戦。
父は医者にならず、知人と中華料理屋を開店。
半ばで破れた夢を息子に託した。
 小学生の時には、
台湾人ということだけでいじめを受けた。
「こいつらを見返してやる。負けんぞ」。
逆境が意地となり馬力になった。
 「カツ丼をおごるから」。
産婦人科の先輩の誘いに引かれ当直を共にした。
夜になり突然、お産が入った。
母親は初産で不安もあったのだろう。
無事に産まれたわが子に泣いて喜んでいた。
「おめでとうございます。
そう言えるのは産婦人科だけ」。
感動が内科医へと傾きかけていた心を揺さぶった。
開業して20年、9000人のお産に携わった。
産婦人科医を志した38年前。
その時と変わることのない生命の物語。
子どもが産まれた数だけ感動をもらった。
 核家族化が進み、
お姑さんとの同居が減っている。
妊娠中どうすればいいのか、
子どもの育て方を知らない親が増えていると感じる。
流産しかけたにもかかわらず旅行へ行く人も。
正しい知識を持ってほしい。
「いろんな所で啓蒙しなければ」。
妊婦が集えるような場所ができればと願う。
未来を約束された大切な宝物。
預かる身としての使命を感じている。

ダイエットに毎朝ウオーキング
「身体を動かすのが好きなんです」。中学・高校は陸上部で短距離に青春を燃やした。大学には陸上部がなく自ら立ち上げた。世はボーリングブーム。ボウリング場に通い詰め、須田開代子さんの本を読み研究。最高234のスコアを残す。いまはダイエットのため、ウオーキングが日課。お産に対応できるよう夜9時に寝て、朝3時に起床し、4時半に自宅を出発する毎日。一日一万歩を目安に1時間歩く。時には、はつかいち大橋まで足を伸ばすことも。橋から眺める朝日は、「すごくきれい。一度見た方が良いですよ」。約5年で、6kgの減量に成功した。早寝早起き、運動が健康の秘けつ。

最新の4Dエコー画像

2009年10月01日

ひさまつ産婦人科医院では昨年7月に、最新のリアルタイム4D超音波診断装置 Voluson E8 を導入いたしました。エコー画像の解像力は、従来機種から飛躍的に向上しており、ママのお腹の中の赤ちゃんの表情や顔つきまでがわかるほど鮮明に胎児の様子を見ることが出来ます。
定期健診に訪れた妊婦さんに、健康な赤ちゃんの画像をお見せして安心な妊娠生活を送って頂ける様に努めています。
最近の胎児の画像をお見せしましょう。
 

10週

10週

15週

27週

28週

29週

29週

31週

32週

35週

36週

38週

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)