院長コラム

2010年6月の記事一覧

妊婦さんの真夏の快適生活

2010年06月24日

平成22年6月24日(木)放送

蒸し暑い夏を快適に過ごす方法について数点考えてみました。
 

暑さ対策

妊婦さんは普段より0.3?0.5℃体温が上昇するため特に暑く感じます。身体を冷やしすぎない様にすることが、大切です。
【外出時】

  1. 朝か夕方の涼しいとき。
  2. 日傘使用。
  3. 締め付けない服装。冷房のかかったデパートなどではカーディガン持参。
  4. 涼しい場所を選ぶ。

【室内】

  1. クーラーはタイマーをかけ、掛けすぎず、直接当たらず、26?27℃に設定。
  2. 扇風機・除湿機の使用。
  3. 遮光、通気性のいいカーテン。
  4. 通気性のいい服装着用。
     

冷房による冷えの対策

職場、外出先では 冷房による冷えに注意。

  1. スカーフ・カーディガン持参。
  2. 汗を頻回に拭く。
  3. 暖かいものを摂取。

自宅では、

  1. 冷房に直接当たらない。
  2. 冷たいものを摂らない。
  3. お腹を冷やさない。
     

発汗・UV対策

発汗しやすく、紫外線により色素沈着でシミになりやすい。
【発汗】

  1. 着替えを持ち歩く。
  2. 汗用シートの使用。
  3. 臭い対策(デオドラント)
  4. 温めのシャワー

【UV】

  1. UVカットクリーム。
  2. 長袖・スカーフ・日傘・帽子着用。
  3. 海水浴・プールは中止。
     

夏バテ対策

暑さで体力の消耗、食欲減少で栄養不足になりがち。

  1. 水分は1日1Lに控える。
  2. お腹を冷やさないために冷たいものを控え、温野菜・ジンジャーティーなど。
  3. 1日3食摂取は励行。
     

不眠対策

  • クーラーに直接当たらないことを前提に、就寝1?2時間前に入浴。
  • 寝室を1時間前に冷やし、就寝時は後頭部をアイスノンで冷やす。
     

旅行・帰省

旅行は流・早産の原因になるので、できれば避けたい。

  • 遠距離の帰省は、公共交通機関(新幹線など)を使用。
  • 車では1時間走行後10分程度の休憩をとる。(同じ姿勢は妊婦に負担)

 

赤ちゃんへの暑さ対策

体温調節が安定しないので室内の温度とともに湿度を下げる。

  • エアコンの設定:26?28℃とやや高めにし、湿度は40?70%にする。
  • 適度に赤ちゃんが汗をかく様にし、水分補給と着替えを頻回に。
  • 室温28℃湿度60%に設定。
  • 冷房の効いたところでは、汗を拭いて衣類を1枚用意。
  • あせも対策:汗をふく。頻回に着替える。保湿(水で流す、水で浸したタオルで拭く)
  • 外出は涼しいときにするように心がけ、日中は日傘・帽子を着用。

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)