子宮がんについて(検診の大切さ)

2016年07月28日


 子宮がんは、子宮の入り口の子宮頚部という部位に発生する“子宮頸がん”と子宮内膜がんと呼ばれ赤ちゃんを育てる子宮内部の内膜に発生する“子宮体がん”があります。
 子宮とは、下腹部の中央に西洋梨を逆さにした様な形で中は空洞で外部とは膣に繋がった状態で存在します。子宮がんは、約20?30年位前では 子宮頸がんが90%位でしたが、近年、食生活の西欧化などにより子宮体がんと子宮頸がんが同じ位の割合となっています。
 子宮頸がんの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)感染が90%と言われ、日本では年間9000人近くの人がかかり、2700人もの人が亡くなっている病気です(10日に1人は亡くなっている計算)。性行為が若年化したことより20?30歳代の若い女性がかかり、女性のがんの中で乳がんに次いで多い病気です。
 1980年代にハウゼン博士がHPVを発見して、ワクチンの開発が行われました。ワクチンを接種することで子宮頸がんの90%が予防されているという報告があります。
 子宮頸がんの検査は、子宮の入り口(頸部)の細胞をこすって取る細胞診とHPV検査があります。細胞診による検査は、性行為があれば20歳代から2年に1回することが推奨されています。しかし日本は年間24%の女性しか受診しておらず受診率80?90%の先進国に比べ受診が低い国となっています。
 症状は、初期は無症状ですが、進行してくるとオリモノの増加・性器出血などが起こります。初期で発見すると円錐切除といって子宮を残して子宮頸部を切るだけの手術で済み、その後の妊娠も可能です。しかし進行した場合には子宮を全て取り、抗がん剤・放射線治療が必要になり、妊娠ができなくなってしまいます。
 近年は、20歳代の人のかかる率が上昇し、妊娠ができる年齢で子宮を取ってしまう大変不幸な結果となる人が増えています。
 子宮体がんは、毎年約6000人が発病し主に閉経付近(50歳位)にかかる病気でしたが、現在は40歳以下にも増えています。原因は、肥満・高血圧・糖尿病などで、予防のためには普段の食生活に注意が必要と言われています。
検査は子宮内の細胞診・組織診で、子宮体がんの症状として一般におりものの増加・月経不順・性器出血が起こります。初期に発見されるとホルモン治療で治りますが、進んでくると子宮を全て取り抗がん剤の治療が必要となります。
 子宮体がんの早期発見には、おりものが増え月経不順を感じた時点での受診が必要です。
 つまり、子宮がんは、初期に発見することが大切です。若いうちから検診を受けることをすすめます。

                         久松 和寛

                              

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)