早産を防ごう

2017年08月30日

早産を防ごう
 平成29年7月22日(土)廿日市市商工保険会館で“快適な妊娠生活を送るために”
という当医院主催のフォーラムを開催しましたので、報告します。
 私の担当は、“早産予防”で今回は詳細について報告します。
 早産とは、妊娠23週から妊娠36週6日までの分娩を言います。
 近年、妊娠年齢の高齢化と共に増加傾向にあると言われ、全分娩の5~10%です。
【原因】①母体 頸管無力症(子宮頸管の手術後)・子宮奇形
        経妊、経産回数・セックス・高年齢・高血圧・タバコ
        若年妊娠・流早産の既往・歯周病 
    ②胎児 前期破水・羊水の感染 児の奇形・多胎妊娠・前置胎盤
【症状】お腹の張り       子宮収縮
    お腹の痛み     ⇒ 腹壁緊迫感、陣痛様の定期的痛み
    おりものの増加     破水
   子宮の固くなったこと、おりもの、痛みに気づくことが大切。
【検査】超音波検査  子宮頸管の長さの計測 平均3.5~4.5cm
                      3cm以下で入院、2.5cmで出産の可能性がある。
    分泌物検査(おりもの) 
           顆粒球エラスターゼ 炎症を確認
           胎児性フィブロネクチン  炎症、頸管無力症判定
【治療】①安静  自宅安静・・重いものを持たない。買い物は控える。
               上の子を抱かない。仕事は場合によっては休む。
入院
    ②薬による治療 抗菌剤、抗炎症剤、膣洗浄、
            子宮収縮抑制剤 経口・点滴
    ③手術 妊娠初期に頸管縫縮術 (子宮の入り口を結ぶ)
【予防】①無理をしない(余分な動きをしない) ②ストレスを貯めない 
③妊娠の異常に気づく(張り、痛み、おりものの増加など)
    ④歯の管理
【早産児の合併症】 身体が小さいだけではなく身体全ての発育不全
    脳室内出血、呼吸障害、脳性麻痺、視力・聴力障害など
【予後】生存率は28週、1000g以下では高率:後遺症・・5~10%  新生児死亡 10.5%
【児の将来】 早産で低体重を出生すると、中学・高校で若年性糖尿病、高血圧になる      
   と言われている。
【まとめ】妊娠中は、旅行などの計画を立てず、家族も協力して上の子の世話や、買い物などをアシストし、仕事場の人も配慮し、自分でも常に異常に対処する。
   また、何かあれば、その時点でかかりつけに相談を。

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)