廿日市"子育て応援室"勉強会3 「妊娠中期」

2018年03月22日

 妊娠5か月~7か月の妊娠についての兆候・注意点を話しました。
 妊娠中期における注意点について、特に早産予防について話しました。
「早産とは」
 妊娠22週0日から妊娠36週6日までの出産をを言います。
 早産になりかかった状態を切迫早産と言います。
「原因」
 ①喫煙 、若年(18歳未満)・高齢(35歳以上)初産・肥満
 ②多胎妊娠・死産、早産の既往、頸管開大(頸管無力症)
 ③糖尿病・心疾患・高血圧、羊水の感染
 ④ストレス・重労働
「症状」
 ① 下腹部の張り・痛み・・子宮のあたりが固くなったのを張りと言い常に注意
 ② 出血・・・茶色はおりものではなく出血と自覚を
 ③ おりものの増加⇒破水・・おりものは感染による可能性あり注意
「検査」
 ① 超音波検査   子宮頸管長にて赤ちゃんが下りかけていないか検査
 ② 早産マーカー  子宮の入り口のおりもの検査で早産を予想
「治療」
 ① 安静  旅行、家事・仕事による下腹部の違和感に注意
 ② 薬剤  抗炎症剤、子宮収縮抑制剤(経口・点滴)
 ③ 手術  頸管縫縮術(子宮頸管を結ぶ手術)
入院で安静・点滴治療することもあり、早産の症状に早期に気づき安静を
「予防」
 ① 禁煙
 ② ストレスを溜めない
 ③ 無理をしない・・お腹の張りに注意し、仕事をしていれば休む勇気を
 ④ 適切な健康管理・・妊娠高血圧・糖尿病に注意
 ⑤ 早産の兆候に気づくとともに、周りの人も気配りを
「早産児の予後」
 ① 全ての臓器が未熟で長時間保育器での管理を要する。
 ② 合併症を起こしやすい・・呼吸器・脳室内出血・感染症
「早産児の将来」
 6歳児の就業時身体発育の遅れで生まれた時からハンディを持つことになる。
 妊娠中の管理が大切です。家族の方も協力して正期産での出産を!
  平成30年3月

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)