院長コラム

2018年4月の記事一覧

廿日市"子育て応援室"勉強会4 「妊娠中期異常」

2018年04月10日

 妊娠5か月~7か月の異常妊娠について、お話します。
 妊娠中期の異常は、母体・胎盤・胎児が繋がっているので各異常によって発生。

 「胎盤の異常」 付着部位の異常・・前置胎盤・常位胎盤早期剥離
前置胎盤  全分娩の0.3~0.85%  胎盤の一部・大部分が子宮下部付着し内子宮口に分類   
    妊娠中期1.png
診断    超音波検査
症状    妊娠時期における症状:妊娠末期・・  警告出血(子宮口開大による)
                     分娩時   ・・  子宮口の開大によって大量出血
                     分娩後   ・・  弛緩性出血(子宮の戻りが悪いことで)
管理    妊娠中期では経過観察し、以後は入院し付着部位によっては帝王切開

常位胎盤早期剥離 0.49~1.29%  胎児の娩出前に胎盤がはがれる。
原因    妊娠高血圧症候群・絨毛膜羊膜炎・子宮筋腫・喫煙
症状    ショック・子宮底上昇・腹壁板状硬・下腹部激痛・血性羊水・児心音異常
     妊娠中期2.png
診断    超音波検査・胎児心拍モニター
治療    胎児心音異常を伴えば  帝王切開
      胎児心音異常なければ  状態を見て分娩誘発か経過観察

「羊水の異常」 羊水過多症・羊水過少症
   妊娠中期3.jpg  

           羊水過多症                            羊水過少症
原因       尿産生過多・嚥下量低下・胎盤異常    尿産生減少・羊水流出
症状       腹部膨満・呼吸困難・起坐呼吸・頻尿   臍帯圧迫(胎児心音低下)
                                 子宮壁の圧迫(胎児肺低形成)
診断        超音波検査                  超音波検査
治療        破水予防・原因除去(糖尿病など)     人工羊水注入
          子宮収縮抑制・羊水穿刺

「機能異常」
胎児発育不全  均衡型・不均衡型に分類
           均衡型               不均衡型
身体特徴    頭部・躯幹共に発育障害     頭部正常で躯幹の発育障害
頻度(不全児)    20~25%             75~80%
原因      染色体異常           栄養障害(胎盤血流障害)
        胎内感染            妊娠高血圧症候群
        薬物服用・アルコール
出現時期    妊娠20週以前          妊娠28週以降
奇形合併率      33%                3.2%
診断      超音波検査           超音波検査(血流計測)
                        胎児心拍モニター
治療      原因の除去(禁煙・断酒など)、母体合併症治療
        胎盤循環の改善(安静・ヘパリン療法など)栄養補給、
        母体酸素投与、児の対外生活適応能促進(ステロイド投与)
        胎児が元気かどうか診断し分娩にするかどうか判断して管理

                                       院長
        

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)