今週のメニュー

季節のメニュー

「 重陽の節句 」

 

 「 重陽の節句 」は、縁起の良い陽数の最大値である「 9 」が重なる9月9日を「 重陽 」と呼び、節句の一つとしました。五節句を締めくくる最後の行事です。
菊や栗や、秋野菜を食べるのですが、さらに、
「 くんち(九日)に茄子を食べると中風にならない 」という言い伝えもあります。「 くんち 」とは収穫を祝う秋祭りの総称の一つで、九州で行われる「 長崎くんち 」や「 唐津くんち 」はその名残だそうです。
「 中風 」とは、発熱や悪寒、頭痛などの症状の総称で、重陽の節句に、茄子の煮浸しや、焼き茄子などの茄子料理を食べ、不老長寿や無病息災を祈りました。
 今日は炊き合わせの中に、小茄子の煮浸しを、茶せんのように飾り切りにしてお出ししました。ご飯は萩の花に見立てた萩ご飯です。

2017重陽の節句.jpg





※材料の都合により献立を変更する場合がございます。

診療時間

  午前の部
9:00〜 12:00
午後の部
14:00〜 17:30
× ×
17:00まで
12:30まで ×

毎月の診療時間、各種教室・イベントなどのスケジュールは、こちらからご確認ください。

診療・イベントカレンダー

お問い合わせ

TEL:0829-39-1131
FAX:0829-39-1138

メールでのお問い合わせ


〒738-0034
広島県廿日市市宮内1448-1

交通・アクセス(地図)