「産科麻酔学会」 in東京

2016年12月02日

 11月26日土曜日に東京で開催された
「第120回日本産科麻酔学会学術集会」にDSC_1298.JPG久松院長とともに参加してきました。
医師や助産師による無痛分娩や帝王切開時の
麻酔に関する話を聞くことができ
東京マザーズクリニックからも産科医師、麻酔科医師、助産師の3名が
それぞれ研究の発表を行いました。
学会賞である大川賞にノミネートされた
5題の研究発表のうち2題が東京マザーズのもので、
残念ながら昨年に引き続いての受賞とはなりませんでしたが、DSC_1300.JPG会場でも高い評価を受けておられました。
広島ではまだまだ無痛分娩に馴染みが少なく
普及していないのが現状ですが、興味をもたれている方は
年々増えてきているように感じます。
 ひさまつはお母さん達の希望で無痛分娩ができる数少ない病院です。
昨年は56人の赤ちゃんが無痛分娩で生まれてきました。
お母さんと赤ちゃん、そして家族のみなさんが自分たちらしくお産を迎える...
その選択肢の一つとして無痛分娩がもっと身近になればいいなと思います

                           助産師 東