最新情報

2018年11月の記事一覧

新生児蘇生法(NCPR)講習会

2018年11月24日

順調な妊娠を経過した場合でも、分娩時に予想外の「新生児仮死」が起こることがあります。
そうした事態に適切な対応ができるよう、医師・助産師・看護師が標準的な「新生児蘇生法」の理論と技術に習熟しておくことが重要です。

   DSC05094.JPG

   DSC05091.JPG
11月17日、当院において「新生児蘇生法(スキルアップコース)講習会」を久松院長インストラクターのもと実施いたしました。
スキルアップコースは、講義・手技実習・シナリオ学習で構成される復習コースで、参加したスタッフは各自知識や手技の振り返りをすることができました。
今後も定期的に学習していきたいと思います。

  看護師長 野原

骨盤ケアを始めませんか

2018年11月16日

当院では、腰痛や恥骨痛、尿漏れなどの体のトラブルがある方へ「骨盤ケア」を提案しています。
その骨盤ケアのアイテムとして「骨盤ベルト」を紹介しています。
先日、業者の方より「骨盤ベルト」について勉強会を実施していただきました。

   DSC05042.JPG DSC05040.JPG

骨盤ケアとは妊娠によって骨盤が緩みすぎることにより、身体全体のバランスが崩れることで引き起こされる様々なトラブルを改善していくケアです。
具体的には、「下がった内臓を上げる・外から支える・骨盤周りの筋肉を整える」の3つを繰り返すことになります。
そして「骨盤ベルト」はその中の「外から支える」ためのアイテムです。

  DSC05043.JPG

今回の勉強会では、ベルトはしっかり内臓を上げてから巻くこと、膝立ちの状態での巻き方、強く巻きすぎないことなど、正しい装着の仕方を再度確認することができました。

妊娠すると様々なトラブルが出てきますが、骨盤ベルトを「内臓を上げて」正しく装着することで「外から支える」ことができます。そうすると、トラブルも少し緩和されます。また、産後は特に内臓が下がりやすい状態になっています。お腹を締めて戻すというよりは骨盤を下から支えてあげることが大切になりますので、産後も継続して使用することができます。なので、ぜひ「骨盤ベルト」を使っていただけたらと思います。

妊娠中も産後もずっと使用できますので興味のある方はぜひ、妊婦検診の際にでもスタッフに声をおかけください。

    助産師 梅田