令和最初の戌の日

2019年05月16日

当院では、5か月の妊婦さんに、安産を願って腹帯を巻かせていただいています。
腹帯は大きくなったお腹を持ち上げて、妊娠中の無理な姿勢を矯正し、腰痛や妊娠線を防ぎます。またお腹を保温するという役割もあります。

  DSC05540.JPG
 
毎月戌の日に、院長先生が願いを込めて腹帯に「寿」の文字と元号と月を書かれます。先日は、令和最初の戌の日でした。先生の書かれた腹帯の文字を見て、皆さんとてもうれしそうにされていました。
また、当院で2人目、3人目を出産される方の中にはずっと同じ帯を使われる方もいて、家族が増えるたびに「寿」の文字が横に並んで増えていきます。それを見ても、すごく温かい気持ちになります。

  DSC05539.JPG
 
そして私たちは、「元気な赤ちゃんが生まれますように。お母さん頑張って!」という気持ちで、戌の日に帯を巻かせていただいています。
そんな日本の伝統を、大切にしていきたいですね。

     助産師 樋口